がん 何でも相談会

気軽なセカンドオピニオン

がんは成人病(老人病)です。超寿命化により70歳以上は2人に1人ががんにかかる時代です。
がんを告知され、説明後、治療の選択を聞かれて悩みます。
がんは慢性病でもあります。診断告知から急変することはありません。落ち着いて情報を得、またよく相談し、治療法を選びましょう。
また、末期がんについては苦悩を伴います。一人で不安を抱えず相談ください。
この「がん何でも相談」は、横須賀でがんの緩和医療や在宅療養、尊厳ある在宅で看取りをすすめて来られた野村・千場両医師の他、計4人の医師で行っています(輪番制です)。また、がんの疼痛管理・緩和医療に長年従事する看護師、また、医療過誤体験を持つがん体験者が相談に応じる、全国的に珍しい気軽なセカンドオピニオンです。

・医師の説明が良く理解できない
・治療法に疑問があるが、主治医に言いづらい、聞きづらい
・どのような治療法を選択したらよいか迷いや疑問がある
・インフォームドコンセント、セカンドオピニオンとは?
・終末を病院でなく、自宅で迎えたい(在宅看取り)。ホスピスについて
・痛む・苦しむ治療はイヤ。緩和医療とは?
・独居、高齢者夫婦や谷戸、高台での看取りについて
・家族としての対応 など


相談のお申込み

【相談料】
一般:3,000円/会員:1,500円(相談時間45分間)
※事前申し込み制(毎月第3日曜日の5日前までに申し込みください。3人までお受けいたします。)

【会 場】
横須賀市総合福祉会館(イオン横須賀店[旧ダイエー]裏)
京浜急行汐入駅下車徒歩6分・JR横須賀駅下車徒歩8分
〒238-0041 横須賀市本町2丁目1 TEL.046-821-1300→Google map
map

【申込先】
TEL&FAX 046-897-5561(やすらぎの会事務局長・一柳 洋 方)

お申込みフォーム

※留守が多いので、なるべくFAXかお申込みフォームでお願いします。